IOKプログラミング

phpやsshコマンド使い方、woredpress、seo等に関して個人的メモサイトです。

環境改善

i-nodeの使用量をディレクトリごとに出力する

i-nodeの空きがなくなり、dovecotのサービスが落ちてしまうトラブルがありました。

ディスクのi-node使用量はdfコマンドで知ることができます。

# df -i
Filesystem            Inodes  IUsed   IFree IUse% Mounted on
/dev/mapper/root
                     3276800 466270 2810530   15% /
tmpfs                 128814      1  128813    1% /dev/shm
/dev/vda1             128016     50  127966    1% /boot
/dev/mapper/home
                     3121152  53569 3067583    2% /home

しかし、dfコマンドはディスク全体のi-node使用量はわかっても、
各ディレクトリがどの程度i-nodeを使用しているかまではわかりません。

以下のワンライナーでカレントディレクトリ以下のディレクトリが
どの程度i-nodeを消費しているかわかります。

for dir in `ls -atl | grep -G "^d" | grep -v "\./" | awk '{print $9}'`; do echo `find ./$dir -true | wc -l` `pwd`/$dir; done | sort -nr

df -iでiノードが減少しているディスクを探して
そこのディレクトリにcdし、肥大化しているディレクトリを調べる。
その肥大化しているディレクトリにcdして、いらないファイルを消す。

の繰り返しで、i-nodeを使いまくっている部分を調べて、対処することができます。

# for dir in `ls -atl | grep -G "^d" | grep -v "\./" | awk '{print $9}'`; do echo `find ./$dir -true | wc -l` `pwd`/$dir; done | sort -nr
1195566 /home/mike
297540 /home/tora
235670 /home/kuro
19933 /home/shiro
19603 /home/sabatra
8397 /home/kijitora

ちなみにi-nodeがギリギリまで使われた原因はメールの溜まり過ぎでした。

メーラーの設定でサーバーにメールを残すようにしていて、ブクブクふくれあがっていました。

運用でカバーできないのであればquotaの設定等を適切に入れていかないとだめですね。

参照 bacchi.me:https://bacchi.me/linux/show-inode-usage/

WiMAX2で「制限付きアクセス」となってネットに繋がらない場合の対処法

WiMAX2を購入して使ってるわけですが、30分ぐらい使っていると
勝手に無線LANが切れてしまってネットに繋がらなくなる事象がよく
あります。

その時は下記画面のようにきまって「制限付きアクセス」となってるんですよね。
制限付きアクセス画面

その都度、無線LANを再接続しては30分ぐらいで切断になって、の繰り返しになってしまってとても不便でした。

バグでは?と思っていたのですが、どうも設定上の対処法が
ある様子でしたのでトライしてみました。

まずPCの画面右下の無線の[!]マークをクリックして、無線LANの一覧を表示した後、「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。
制限付きアクセス対処1

「ワイヤレスネットワーク接続」をクリックします
seigen_access2

プロパティをクリックします。
seigen_access3

「構成」をクリックします。
seigen_access4

「詳細設定タブ」の「ワイヤレスモード」をクリックします。
seigen_access5

「値」の部分を、「4.802.11b/g」に変更してOKをクリックします。
seigen_access6

おわりです。

なんでこれでうまくいくのかわかりませんが(汗)理解するよりも努力せずに結果を出す!

そっちのほうが重要かと。

おそらくHWD14のWi-FI規格(LAN側)が「IEEE802.11b/g/n」なんですけど、私のPC側ではIEEE802.11a/b/g/n」となっていたから、ここからaを外して「IEEE802.11b/g/n」にしたから制限付きアクセスで切断しないようになったのでは、と思っています。

持っているPCによってはココの設定項目が私のと一致してないかもしれません。その時はIEEE 802.11のbとgとnが使えるように設定してみてください。

もう1つ対策をご紹介【追加】

先日、普段使ってるところとは別の場所でWiMAX2を使っていたら「制限付きアクセス」となってPCとHWD間の接続が頻繁に切れてしまう事がありました。上の対策では不十分だったということでしょうか・・・?

また別の対策を実施してみましたので、もし上記の対策でも駄目だった場合はコチラも参考にしてみてください。

上部で紹介した画面と同じ画面を開きます。こちらのチャンネルの値を確認します。僕の場合は「11」となっていました。
seigen_access7

つぎにHWD14と接続した状態でブラウザで「http://wi-fiwalker.home」と入力してWi-Fi Walker WiMAX2+設定ツールを起動します。この画面が出るのでユーザー名/パスワードを入力します。
ユーザー名→admin。パスワード→HWDの裏側のIMEIの下5桁。
seigen_access8

「設定」→「LAN設定」→Wi-Fiチャンネルの部分を「11」に。上と合わせるということです。
seigen_access9

これで完了です。チャンネルを明示的に合わせたらうまくいったのかなと思います。「制限付きアクセス」になることはありませんでした。

参考サイト WiMAX2調査隊BLOG http://wimaxbaltimoreevent.com/blog/wimax2seigen_access.html

【コレが原因だった】 100%解決 無線LAN 制限付きアクセス☆彡

制限付きアクセスとの戦いから1年が経とうとしたある日。 (これまでの奮闘はこちらをご参照ください。) ついに、絵里花は根本的な解決法を発見した☆彡 結論からいうと無線LANから割り振られるIPアドレスに不備があったのです。 もっと簡単にいうと同じIPアドレスが複数のPCやスマホに割り振られて IPの重複による不良アクセスと判断され制限付きアクセスとなっていたのです。 では、どのようしてそれらを解決するか・・・ 無線LANに接続するPCやスマホに固定IPを設定すればOK。 たったこれだけで、もっと早く気がつけよってくらい簡単に治ります。 ①、②、③のスリーステップでサクッと解決☆彡 早速ですが解決方法を手引きいたしましょう。 ①まずは自分の接続環境を確認する。 インターネット回線 --- モデム --- 無線LAN --- PC 上記の接続の仕様を確認します。 ここで注目したいのがモデムと無線LANです。 これらのルーター機能やDHCPサービス機能などの有無を調べます。 ※ルーターとはLAN回線を分岐するもの (ザックリとした説明w) ※DHCPサービスとはIPアドレスを割り振るもの (ザックリとした説明w) なぜ調べる必要があるかというと 上記両機器のルーター機能やDHCPサービス機能を重複して 稼働させると機能のバッティングが起こりIPアドレスの重複へと繋がる可能性があるから。 では、どうすれば良いか? 片方の機器だけ上記の機能を有効にすれば良いのです。 絵里花は、モデム側のルーター機能、DHCPサービス機能を無効にし 無線LAN側のルーター機能、DHCPサービス機能を有効にしました。 ここで重要なのは、機能を重複させないことです。 モデム側を有効にして、無線LAN側を無効にするのも良いと思います。 ご自身の環境に合わせて選択してください。 大事なのでもう一回言っときます。 「機能を重複させない、どちらか片方の機器のみ有効にすること」 設定が完了しましたら再起動を忘れずに行なってください。 ②接続PCのIPアドレスを調べる。 ①の設定が完了しましたらPCと無線接続します。 複数PCを同時稼働させるとIPが重複する場合があるので 1台づつ設定するのが望ましいです。 無事無線接続が完了しましたら接続されたIPを確認します。 windowsの「スタートキー」を押すと「プログラムとファイルの検索」があると思いますので そちらに「cmd」と入力し、検索をクリック。 cmd.jpg するとの画面になるので、「cmd.exe」をクリック。 cmd2.jpg の画面になったら、「ipconfig」と入力し、「Enterキー」をクリック。 cmd3.jpg 表示された情報が、現在接続中のIPアドレスです。 cmd4.jpg その中で表示された ・IPv4アドレス; ・サブネットマスク; ・デフォルトゲートウェイ; ※デフォルトゲートウェイが表示されない方はお使いのネット回線上で有線接続のPCから試して見てください。 以上をメモ。(OSによって若干表記が異なるかもだけど見れば大体わかると思いますw) ③PCに固定IPアドレスを設定する。 いよいよ制限付きアクセスを解決する本丸となりました。 ここまで読み進めて理解が出来た方なら大丈夫。 ゴールはもう少しです。 コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター を開きます。 続いてアダプターの設定の変更をクリック。 cmd21.jpg 続いてワイヤレスネットワーク接続の上で右クリック。 続いてプロパティをクリック。 cmd22.jpg するこんな画面になりますので 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリック。 ※デフォルトゲートウェイに英字が含まれる方はこちらをご参照ください。 cmd24.jpg ここで先ほど「②でメモした数値を入力します」 cmd25.jpg 優先DNSサーバーには②の「デフォルトゲートウェイ」と同じ数値を入力してください。 入力に間違いが無いことを確認したうえでOKを押します。 以上を無線LANで繋ぎたいPC、スマホ全てに個別で設定してください。 (機器ごとのIPアドレスは異なりますので②の作業を個別に行うこと) (IPの重複が制限付きアクセスの原因です) 設定が完了しましたらモデム、無線LAN、PCを再起動。 これで「制限付きアクセス」から開放されたインターネット環境が約束されました☆彡。 引用サイト様 同乗するなら金をくれ http://rna75gnw.blog.fc2.com/blog-entry-769.html
ギャラリー
  • sshの置換するときの¥の使い方
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧