IOKプログラミング

phpやsshコマンド使い方、woredpress、seo等に関して個人的メモサイトです。

【コレが原因だった】 100%解決 無線LAN 制限付きアクセス☆彡

制限付きアクセスとの戦いから1年が経とうとしたある日。 (これまでの奮闘はこちらをご参照ください。) ついに、絵里花は根本的な解決法を発見した☆彡 結論からいうと無線LANから割り振られるIPアドレスに不備があったのです。 もっと簡単にいうと同じIPアドレスが複数のPCやスマホに割り振られて IPの重複による不良アクセスと判断され制限付きアクセスとなっていたのです。 では、どのようしてそれらを解決するか・・・ 無線LANに接続するPCやスマホに固定IPを設定すればOK。 たったこれだけで、もっと早く気がつけよってくらい簡単に治ります。 ①、②、③のスリーステップでサクッと解決☆彡 早速ですが解決方法を手引きいたしましょう。 ①まずは自分の接続環境を確認する。 インターネット回線 --- モデム --- 無線LAN --- PC 上記の接続の仕様を確認します。 ここで注目したいのがモデムと無線LANです。 これらのルーター機能やDHCPサービス機能などの有無を調べます。 ※ルーターとはLAN回線を分岐するもの (ザックリとした説明w) ※DHCPサービスとはIPアドレスを割り振るもの (ザックリとした説明w) なぜ調べる必要があるかというと 上記両機器のルーター機能やDHCPサービス機能を重複して 稼働させると機能のバッティングが起こりIPアドレスの重複へと繋がる可能性があるから。 では、どうすれば良いか? 片方の機器だけ上記の機能を有効にすれば良いのです。 絵里花は、モデム側のルーター機能、DHCPサービス機能を無効にし 無線LAN側のルーター機能、DHCPサービス機能を有効にしました。 ここで重要なのは、機能を重複させないことです。 モデム側を有効にして、無線LAN側を無効にするのも良いと思います。 ご自身の環境に合わせて選択してください。 大事なのでもう一回言っときます。 「機能を重複させない、どちらか片方の機器のみ有効にすること」 設定が完了しましたら再起動を忘れずに行なってください。 ②接続PCのIPアドレスを調べる。 ①の設定が完了しましたらPCと無線接続します。 複数PCを同時稼働させるとIPが重複する場合があるので 1台づつ設定するのが望ましいです。 無事無線接続が完了しましたら接続されたIPを確認します。 windowsの「スタートキー」を押すと「プログラムとファイルの検索」があると思いますので そちらに「cmd」と入力し、検索をクリック。 cmd.jpg するとの画面になるので、「cmd.exe」をクリック。 cmd2.jpg の画面になったら、「ipconfig」と入力し、「Enterキー」をクリック。 cmd3.jpg 表示された情報が、現在接続中のIPアドレスです。 cmd4.jpg その中で表示された ・IPv4アドレス; ・サブネットマスク; ・デフォルトゲートウェイ; ※デフォルトゲートウェイが表示されない方はお使いのネット回線上で有線接続のPCから試して見てください。 以上をメモ。(OSによって若干表記が異なるかもだけど見れば大体わかると思いますw) ③PCに固定IPアドレスを設定する。 いよいよ制限付きアクセスを解決する本丸となりました。 ここまで読み進めて理解が出来た方なら大丈夫。 ゴールはもう少しです。 コントロールパネル → ネットワークとインターネット → ネットワークと共有センター を開きます。 続いてアダプターの設定の変更をクリック。 cmd21.jpg 続いてワイヤレスネットワーク接続の上で右クリック。 続いてプロパティをクリック。 cmd22.jpg するこんな画面になりますので 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)をクリック。 ※デフォルトゲートウェイに英字が含まれる方はこちらをご参照ください。 cmd24.jpg ここで先ほど「②でメモした数値を入力します」 cmd25.jpg 優先DNSサーバーには②の「デフォルトゲートウェイ」と同じ数値を入力してください。 入力に間違いが無いことを確認したうえでOKを押します。 以上を無線LANで繋ぎたいPC、スマホ全てに個別で設定してください。 (機器ごとのIPアドレスは異なりますので②の作業を個別に行うこと) (IPの重複が制限付きアクセスの原因です) 設定が完了しましたらモデム、無線LAN、PCを再起動。 これで「制限付きアクセス」から開放されたインターネット環境が約束されました☆彡。 引用サイト様 同乗するなら金をくれ http://rna75gnw.blog.fc2.com/blog-entry-769.html

Wi-Fi接続が,頻繁に「制限付きアクセス」となるトラブルの対処法。原因はLAN内IPアドレス競合,無線の電波が弱い,省電力の設定など

bbef6533
WiFi利用時に,接続の状態が「制限つきアクセス」になってしまうトラブルの対処法。
  ノートPCやスマホ・タブレット等で,無線LANを使うときの現象として いくら無線LANにつないでも,頻繁に「制限つき」になってしまい ネットにすぐアクセスできなくなってしまう。   この現象は,原因がいくつかある。

電波が弱いだけ

まず,Wifiの電波が弱いだけ,という原因だったりする。
「制限付きWi-fiに接続されました」〜原因と対策〜 | スマホ解体新書 http://www.lynxguide.net/285
  • 単純に、電波の状態が不安定なために起こっているケース

PCの省電力設定のせい

または,コントロールパネルの「電源オプション」で, 無線LANアダプタの省電力モードの設定が影響している場合もある。   PCがコンセントに刺さっておらず,バッテリ使用で動いている時に, 電気を節約するために,WIFIのパフォーマンスが落ちるような設定になっている。   なので電波の感度が弱くてつながらない,というもの。
快適!ネットブックライフ!(無線LANが「制限付きアクセス」で切れるトラブル): エンタの徒然日記 http://goochokipa.seesaa.net/article/179824055.html
  • 電源オプションにあるワイヤレスアダプターの省電力モードの設定が影響していたようです。 この設定を「省電力(高)」から「最大パフォーマンス」に変更したところ、現象が改善されました。

IPアドレスが重複している

あるいは,一番多いのは, LAN内でIPアドレスが競合してしまっている,というもの。 DHCPを解除して,IPアドレスを自動ではなく手動で設定すればよい。
価格.com - 『wi−fi 接続で制限付きの解除方法』 NECカシオモバイルコミュニケーションズ MEDIAS TAB UL N-08D docomo のクチコミ掲示板 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000411666/SortID=16543985/
  • 普通はIPアドレスの競合で起こる様ですので、基本的にスマホのIPアドレスを固定することにより解消する
【コレが原因だった】 100%解決 無線LAN 制限付きアクセス☆彡 : 同乗するなら金をくれ http://rna75gnw.blog.fc2.com/blog-entry-769.html
  • (IPの重複が制限付きアクセスの原因です) 設定が完了しましたらモデム、無線LAN、PCを再起動。 これで「制限付きアクセス」から開放されたインターネット環境が約束されました
無線LAN(アクセスポイント)の接続が「制限付きアドレス」となる - Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186458466
  • パソコン本体でIPアドレス、GW、DNSを固定してしまう

PC側で無線LANを受信するアダプタ・ドライバのせい

あるいは,無線LANのアダプタ自体を取り替えてみたり, そのアダプタ用のドライバを最新にアップデートしてみる, という操作によって解決されることもある。   アダプタを取り替えるというのは, つまり無線LANに接続している手段を変えてみる,ということ。   USBの無線LANアダプタに切り替えてみたり, 感度のよいアンテナや中継器で,ちゃんとWifiをキャッチできるように工夫するのだ。
Windows 8 & 8.1 で頻繁に制限付きアクセスとなって Wi-Fi 接続が切れる - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2137058241523426001
  • ネットワークアダプターなどドライバーを最新のものに更新
VAIOの無線LANが「制限付きアクセス」になる場合の対応 / ネットに書かれていないことを綴る http://control.shado.jp/2014/0316235909.html
  • 「制限付きアクセス」が頻発するため、別の無線LANアダプタを付けてみることにした

中継器が必要

とりあえず,ルータと受信側機器では部屋が違うなどの理由で 電波が弱い場合,「中継器」を使って電波を中継すると良い。

通信の規格のせい

なお,WiMAXモバイルルータを使っている場合は,接続の規格(802.11n)がトラブルの元だ。 下記のエントリを参照して解決できる。
関連記事:
自動的にWiFiに再接続するバッチ。ネットワークを無効化後,無線LANを有効化するコマンド - プログラミングとIT技術をコツコツ勉強するブログ http://d.hatena.ne.jp/TipsMemo+computer-technology/20140917/p1   ネットワーク接続が切れたら,自動的に再接続してくれるバッチ (WiFiの電波が弱くても,自動で無線LANにつなぎなおす) http://d.hatena.ne.jp/language_and_engineering/20140918/BATWifiNetworkConnectionAutoRecovery   Windowsタブレット機に,CD-ROMでソフトをインストールする方法は,ドライブ共有がおすすめ - プログラミングとIT技術をコツコツ勉強するブログ http://d.hatena.ne.jp/TipsMemo+computer-technology/20140824/p3   コピー機・複合機にPCを接続する方法。無線LANルータ等でIPアドレスを割り当てる - プログラミングとIT技術をコツコツ勉強するブログ http://d.hatena.ne.jp/TipsMemo+computer-technology/20140507/p1
抜粋-モバイル通信とIT技術をコツコツ勉強するブログ http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20140908/p1

WordPress 複数記事のカテゴリーを一括追加変更するやり方

ブログを書いていると新しいカテゴリーを追加したり、既にあるカテゴリーを別のカテゴリーに統合したり変更したりしたくなりますよね。 そんなとき、1つ1つ記事のカテゴリーを修正していくのはこの世で最も愚かな行為の1つです。WordPressの標準機能で、複数の記事のカテゴリーを一括変更できます

≪WordPressで複数の記事のカテゴリーを一括変更する方法≫

■1.変更対象記事の絞り込み

▼管理画面にログイン後、「投稿」→「投稿一覧」の順にクリックします。 image ▼投稿画面の検索機能を使って特定のカテゴリーの記事を抽出するなど、変更したい投稿だけを絞り込みましょう。 image

■2.ページごとの表示件数を増やす

▼一覧に表示された投稿を一括変更できます。複数ページにまたがっている場合はページごとに一括変更処理が必要となります。 image デフォルトでは1ページ20件までしか表示されないので、大量の変更対象記事がある場合はページの表示件数を増やしましょう。 ▼表示件数を増やすには画面右上の「表示オプション」をクリックします。 image ▼数字を変更すれば1ページの表示件数を変更できます。 1

■3.複数記事へカテゴリーの追加を実行する

▼「タイトル」列の横にあるチェックボックスにチェックを入れ、表示されている投稿記事すべてにチェックを入れます。 2 ▼記事一覧のすぐ上にあるボックスで、「編集」を選択し「適用」ボタンをクリックします。 3 ▼カテゴリーボックスにて記事に追加したいカテゴリーにチェックを入れます。 4 ▼右下の「更新」ボタンをクリックすると、全ての記事に該当カテゴリーが追加されます。 5 ▼ページが1ページ以上あるときは、ページごとに同じ処理を実行して下さい。 image

■4.不要カテゴリーの削除

カテゴリーの一括変更に伴い特定のカテゴリーが不要になったなら削除しておきましょう。 ▼管理画面にて「投稿」→「カテゴリー」の順にクリックします。 image該当カテゴリーにチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。 6 ▼確認のポップアップが表示されるので、「OK」ボタンをクリックすればカテゴリーを削除できます。 image

≪定期的にカテゴリーを整理しておこう!≫

ブログのカテゴリーは商品棚のようなものです。カテゴリーが整理されているとブログにどんなことが書かれているか一目で分かるので、読者さんは喜ぶでしょう。また、SEO面での効果も期待できます。 あなたのブログがもっと愛されるように、定期的にカテゴリーを整理することをおすすめします。
ギャラリー
  • sshの置換するときの¥の使い方
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧