IOKプログラミング

phpやsshコマンド使い方、woredpress、seo等に関して個人的メモサイトです。

インターネット広告の料金や特徴のまとめ

インターネット広告の種類及び料金 企業がインターネットで集客するには色々な方法がありますが、SEO対策もコンテンツマーケティングも効果が現れ始めるまでに時間がかかってしまいます。その為、初めのうちはインターネット広告を出稿し集客を行うのが一般的でしょう。 しかし、インターネット広告には種類が多すぎて、とてもではありませんが初心者には難しいものです。だからと言っていきなり広告代理店に依頼するのはコストも大きく掛かります。 そこで、今回は「インターネット広告」種類別に見たおおよその料金形態、そして「インターネット広告」10種類を紹介していきます。インターネット集客にお困りの方は是非ご参考下さい。

1.インターネット広告の種類別料金形態

まず、インターネット広告の代表的な料金形態を3つ見てみましょう。1通や1クリックなど本数単位によって課金される特徴を使ったものから希望する期間広告の枠を買い取って行うものまで存在しています。

1-1.期間中の広告表示を保証するタイプ

  • 方式:広告の表示を期間で保証するタイプ
  • 料金例:1週間10万円、1ヶ月50万円など
  • 特徴:期間保証の場合にはクリックされなくても、想定された回数表示されなくても広告料金を支払わなければいけないというリスクがある

1-2.広告の表示回数を保証するタイプ

  • 方式:希望する広告表示回数を一定期間中は実行するよう保証する
  • 料金例:100万回広告を表示させて100万円など
  • 特徴:表示回数が保証されている分、思ったよりも広告が表示されないというリスクがない

1-3.クリックを保証するタイプ

  • 方式:希望する回数のクリックが実行されるまで広告を掲載する
  • 料金例:1000回のクリックが実行されるまでの額100万円など
  • 特徴:広告のクリック回数が保証されているため、思ったよりもサイトへの流入がなかったというリスクを防げる

1-4.クリック課金タイプ

  • 方式:クリック1回の単価が決められ、クリックされた回数によって料金が変わる
  • 料金例:クリック単価100で1000クリックの場合は10万円
  • 特徴:最低発注量が決まっていない限りは低予算から広告出稿をできる

1-5.成果報酬タイプ

  • 方式:購入や契約など成果がありしだい課金が発生する
  • 料金例:1件につき3000円の成果報酬が30件発生したので9万円など
  • 特徴:目的が達成された場合のみに広告掲載料を支払えばいい為、最も費用対効果を合わせやすい。

1-6.動画再生回数を保証するタイプ

  • 方式:動画の再生回数を一定の料金によって保証する
  • 料金例:500回の再生を保証するのに5万円など
  • 特徴:最後まで再生されたものを「1回」とするなどメニューによって内容が異なる

1-7.メール配信の通数に応じて課金するタイプ

  • 方式:メール1通における単価が決められており、それをいくつ配信するかで額が変わる
  • 料金例:単価10円のメールを1万通配信するのに10万円など
  • 特徴:ターゲットの絞り込みも可能なので、状況に応じて最終的な金額が変わる
 

2.検索に連動するタイプのリスティング広告

検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。「リスティング広告」と言う場合、基本的には検索に連動するタイプのことを指しています。(コンテンツタイプを含む場合もありますが、ここでは別個として扱います)
  • 料金の目安:1クリック数十円~
  • 掲載箇所:GoogleやYahoo!検索エンジン上
  • 広告の形式:テキスト方式
  • 特徴:希望の曜日や時間帯、地域、デバイスに対して広告掲載が可能
 

3.Webサイトやブログに連動するコンテンツタイプの広告

Webサイトやブログにコンテンツが連動するタイプの広告です。「リスティング広告」という言葉の中に含まれることも増えていますが、検索連動とはタイプが違うため別個として扱いました。

3-1.Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(Yahoo!プロモーション広告)

「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」はYahoo!が展開するコンテンツマッチタイプの広告で「Yahoo!プロモーション広告」の一部です。
  • 掲載箇所:Yahoo!Japanと提携しているパートナーサイト(AllAboutやexcite、転職会議やNAVER、マイナビニュース、クックパッド、Mobage、Ustreamなど多岐にわたります)
  • 広告の形式:イメージ、リッチ、テキスト方式
  • 課金タイプと単価:クリック方式で1クリック1数十円から
  • 特徴: 配信の種類が豊富
性別や年齢からのデモグラフィックターゲティング、いくつかのサイトをカテゴリに分類したインタレストカテゴリ・サイトカテゴリターゲティング、サイトを訪問したことがあるユーザーを仕様に合わせて選び配信するサイトリターゲティング、サイトを訪問したことがあるユーザーと似たユーザーへ配信を行う類似ユーザーターゲティング、決まったキーワードで検索を行ったユーザーへ広告を配信するサーチターゲティングなどがあります。  

3-2.Googleディスプレイネットワーク(Google AdWords)

「Googleディスプレイネットワーク」はGoogleが展開するコンテンツマッチタイプの広告で「GoogleAdWords」の一部です。
  • 掲載箇所:Googleが提供するサービス内(YoutubeやGmailなど)や楽天、asahi.com、クックパッド、TBSなどで、さまざまなコンテンツページ(メール、Webサイト、ブログ、ニュースなど)に広告掲載が可能
  • 広告の形式:イメージ、リッチ、テキスト方式
  • 課金タイプと単価:クリック方式で1クリック数十円から
  • 特徴:配信方法が多彩
性別や年齢からのデモグラフィックターゲティング、いくつかのサイトをカテゴリに分類したトピックターゲット、サイトを訪問したことがあるユーザーを仕様に合わせて選び配信するリマーケティング、サイトを訪問したことがあるユーザーと似たユーザーへ配信を行う類似ユーザーターゲティング、決まったキーワードが掲載されたサイトへ配信を行うコンテンツターゲット、特定のカテゴリに興味を持ちそうなユーザーへ向けて配信するインタレストカテゴリーマーケティング、決まったサイトやページに配信するプレースメントターゲットなどがあります。  

4.動画タイプの広告

サイトのどこかに小さくプレイヤーが埋め込まれているのを見たことはありませんか?現在よく見かけるタイプのインターネット広告で、自動再生やマウスオーバーでの再生などさまざまです。クリックや映像が終わったあとにリンクを表示し、誘導を行います。  

5.バナー・ディスプレイ・パネルタイプの広告

画像やアニメーションで作られた広告を掲載するもので、動きやイラストで訴えかけます。インターネット上で使われている歴史は長いので、よく見かけることでしょう。
  • 掲載箇所:Webサイトやブログなど
  • 広告の形式:FLASHやGIF
  • 特徴:もともとバナー広告というものは規定のサイズ(468×60)を指していましたが、今では、画像などを表示するタイプの広告をひっくるめて指しています。
 

6.アフィリエイトタイプの広告

広告主が定めた商品やサービスへの申し込みや購入が成立などした場合に対価を支払うタイプの広告で、個人のWebサイトなどによく見られます。
  • 料金の目安:初期費用及び月額固定費用は5万円前後、手数料は成果報酬の3割弱ほど
  • 掲載されるところ:Webサイトやブログ
  • 主な媒体について ASP(アフィリエイトプログラムサービスプロバイダー):GoogleアドセンスやA8.net、アクセストレード、バリューコマースなど
  • 自社のアフィリエイトプログラム(自社で直接アフィリエイト広告を提供する):Amazonアソシエイトなど
  • ドロップシッピング:商品を扱う企業がドロップシッピングサイト運営者に販売を委託するタイプで、サイト内でユーザーが商品を買った際の発送より先は商品を扱う企業が実行する
 

7.バイラルタイプの広告

ユーザーに「サービスや商品に関する内容の記事」を執筆してもらうタイプの広告で、人から人に商品やサービスの内容を「拡散」してもらうことを目的としています。
  • 掲載されるところ:ブログやソーシャルメディア(TwitterやFacebook、Google+など)
  • 広告の形式:テキスト、イメージ
  • 特徴:「ウィルスの」という意味を持つ「バイラル」という言葉が表す通り、情報を人から人に拡散=感染してもらうのです。
 

8.メールタイプの広告

メールマーケティングとともに行う広告です。 広告の形式には、
  • メール(メール配信を扱う企業より配信されるものでテキストにて商品やサービスの解説などを行い、リンクURLなども貼ることができます)
  • HTMLメール(HTMLを使って書かれたもので、利用できるフォントや画像の種類が豊富なために、さまざまな表現ができるため、訴求力が高まります)
  • 動画メール(メール内部に動画を貼るタイプ及び動画へのリンクURLを貼るタイプがあります)
  • オプトインメール(ユーザーが登録したジャンルのみのメールを配信します)
  • ターゲティングメール(受信を希望したユーザーの属性に合わせて配信するサービス)
  • メールマガジン(メール内部にユーザーが楽しめる読み物を含め定期的に発行するタイプのサービス)
などがあります。  

9.アドネットワークタイプの広告

いくつかのサイトをネットワーク化して広告を配信するため、一括で配信できるのが特徴です。所有するアドサーバーにより、ネットワーク化した複数のWebサイトへ一括で広告を配信することができます。全体だけでなく、ジャンル別の配信も可能です。  

10.RSSタイプの広告

ユーザーが受け取るRSSフィード内に広告が配信されます。  

11.ゲーム内タイプの広告

ゲーム内部(アイテムや背景)に使い、ユーザーに訴えかけるタイプの広告です。  

インターネット広告の種類は豊富!だからこそ自社にあったものを選びたい!

インターネット広告といってもざっとあげただけで10種類にものぼります。 自社が展開するサービスにマッチしたものはどれか、どのような広告でユーザーの心を惹きつけたいかなど社内で希望をしっかりとまとめあげ、インターネット広告を扱う企業との相談の上で決めると良いでしょう。 この中から貴社に合いそうなインターネット広告を模索してみてください。

記事出典:http://www.nusacm.org/

インターネット広告の種類

インターネットの広告の仕方はいろいろあります。何が良いと一概に言えるわけではなくすべて長所や短所がありますので、やってみて結果がでる広告方法を見つけていただく・・・ということになります。 インターネット広告

リスティング広告

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにユーザーがキーワードを入力して検索すると、対応した広告が表示される広告手法。キーワードにニーズが表れた見込み客に訴求することができます。

バナー広告

Webサイト上で画像ファイルを用いて表示される広告。クリックすることでユーザーを広告主のページに誘導できるようになっており、初期から登場していた最も一般的なインターネット広告手法の一つです。

動画広告

Webサイト上で映像や音声で表現される広告。映像を直接クリックしたり、動画終了後にリンクを表示することでユーザーを誘導します。

メール広告

電子メール(Eメール)に掲載される広告の総称。ダイレクトメール(DM)の電子メール版。 インターネット媒体の中でも会員情報を所持している媒体社が配信を行います。 コンテンツマッチ・インタレストマッチ コンテンツマッチとは、個人や法人サイトのコンテンツに連動して、広告を配信するサービスです。 インタレストマッチはOvertureが提供している、興味関心連動型広告です。

アドネットワーク

運営会社が、複数のサイトをネットワーク化して広告を配信できるサービス。共通の広告を複数サイトへ一括で配信することができます。

行動ターゲティング

ユーザーの行動履歴から興味関心を解析し、マッチした広告を配信する手法。ユーザーの最近のニーズを読み取ってマッチさせることができます。

アフィリエイト

成果報酬型の広告手法。主に個人サイトにバナー広告等で表示され、成果が発生するとサイト運営者に成果が支払われます。

バイラル広告

ブログやSNSを所有しているユーザーに商品やサービスに関する記事を書いてもらって伝播させる手法。 口コミ効果を意図的に起こして多くの人に伝達させます。

RSS広告

RSSフィードとともに配信される広告。RSSリーダーの画面上に、記事と並んで表示されます。

編集タイアップ広告

ニュースサイトや専門サイトなどの媒体を持っている媒体社が、広告主の要望に応えて編集執筆をして作成されている記事風の広告。読み物形式でユーザーに十分な情報を提供することができます。

ゲーム広告

オンラインゲームの画面の中に表示される広告。 ゲームの中の背景に看板などの形で取り入れられてきます。

これからネット広告を出す方へ「リスティング」「アフィリエイト」など最低限知っておきたい事

ネット広告
インターネット広告媒体費における小分類の変更について スマートフォンやタブレット端末の普及等によるデバイスの多様化や広告関連技術の進展による業界構造の変化に伴い、従来の発表で採用していたモバイル広告、検索連動広告という小分類が業界実態に適さない面が出てきた。このため、検索連動広告を含む広告配信の新手法を包含する「運用型広告」を新たな小分類として設定した。また、デバイスの急速な多様化に伴い、デバイスを基点とした小分類は今後の発表では用いないこととする。 運用型広告とは、膨大なデータを処理するアドテクノロジーを活用したプラットフォームにより、広告の最適化を自動的にもしくは即時的に支援するような広告手法のこと。検索連動広告のほか、新しく登場してきたアドエクスチェンジ/SSP/DSPなどが典型例。また一部のアドネットワークもこれに含まれる。なお、枠売り広告のほか、タイアップ広告やアフィリエイト広告などは、運用型広告には含まれない。 引用元:2012年 日本の広告費|電通 http://www.dentsu.co.jp/books/ad_cost/2012/media4.html
大まかには「運用型広告」「枠売り広告」、そして「アフィリエイト広告」「「タイアップ広告」」があります。

運用型広告(リスティング広告)

運用型広告とは、ユーザーの検索ワード、または性別・年齢・地域やこれまでのインターネット上での行動等をもとに、適切なターゲットのみに配信対象を絞り、効率よく運用をしていく広告になります。他の広告と異なり、リアルタイムで入札額などを文字通り運用していく形です。2012年度時点でインターネット広告市場の約6割をこの運用型広告が占めており、最も代表的な手法が「リスティング広告」となります。 リスティング広告は、表示される場所や表示される条件など目的に応じて様々な広告を配信することができますが、種類としては大きく2種類に分類できます。以下、それぞれの特徴をみていきましょう。

検索連動型広告

検索エンジンの検索結果ページで、ユーザーが検索したキーワードに連動して表示されるテキスト広告になります。 広告にはタイトルや説明文に加えて、ユーザーが広告をクリックしたときに表示する自分のWebページのURLを指定します。費用は、広告がユーザーにクリックされる毎に発生します。 キーワード単位で広告出稿ができるため、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングすることができます。限られた文字数の中でユーザーの興味を惹きつけるような広告文を作る、という難しさがありますが、そのキーワードで検索するユーザーのニーズとは何かをよく考えたうえで出稿すれば、顧客獲得に繋がるでしょう。 少額での出稿が可能となるので、さまざまな商品やサービス単位での広告として利用でき、特に自社にECサイトを持つような企業であれば、誘導後の直接売上の増加が期待されます。 但し、競合が多いキーワードは単価がどうしても高くなってしまう点、そして検索時点で興味・関心がある人に対しての宣伝手法となるため集客数に限りがある点、などのデメリットもあります。

コンテンツ連動型広告

基本的には検索連動型広告と同じく、広告をクリックされる毎の費用発生となります。見せ方の違いとして、
  • 広告が表示される場所が検索結果ページではなく、ニュースサイト内などの各ウェブサイトの広告欄となる点
→検索結果ページよりも、各ページのほうが長時間ユーザーの目に触れることになり、より高い表示効果を期待することができます。
  • テキスト以外にも画像や動画が利用可能な点
→テキストだけではなく、写真やイラストを使って、商品やサービスの魅力をよりわかりやすく伝えることができます。 という2点があります。 結果として、検索連動型広告が直接的な(検索結果からそのまま)顧客獲得が第一の目的となるのに対し、コンテンツ連動型広告は告知やブランディングといった周知のための意味合いが少し強くなります。 はっきりとしたユーザニーズに即した広告を配信しづらい一方で、広告の内容やユーザーの興味などとマッチしたサイトに広告が掲載できます。関連しそうなサイトを狙ったり、特定のキーワードが含まれているサイトに掲出するなど、様々な条件で配信する先を限定することで効果を高めることも可能です。 さらに、ある特定のサイトを訪れたことのあるユーザーなどを狙って広告を表示する「リマーケティング(リターゲティング)」という追跡型の配信方法を併用することで、“その場”ではなく“その後”に顧客を獲得する手段として有効になります。

枠売り広告(純広告)

一般的には「純広告」または、それを省略して「純広」と呼ばれる広告手法になります。どのサイトの、どの場所に、どれぐらいの期間掲載するか(あるいは、何回まで表示されるか)、で値段が決まるというシンプルなもので、掲載先となるサイトと直接(あるいは代理店を通して)契約をします。 コンテンツ連動型広告とも異なり、TVCMや雑誌広告と同じく、ある固定の枠を買ってそこに広告を配置する形になります。一番代表的なものがYahoo!のトップページに表示されるバナー広告になります。 インプレッション(表示回数)を多くすることでユーザーへ訴求し、直接の購入者獲得ではなくブランディング効果を最大の目的とします。クリエイティブも掲載枠の範囲内で自由に作成できます。 もちろん掲載先が大手になるほど費用も高くなります。さらに直接の購入者の獲得には向いていないため、費用対効果が算定しづらく、ある程度の広告予算を投下できる企業でないと活用は難しいかもしれません。 とはいえ、やはり大手ポータルサイトや新聞社サイトなどは、圧倒的に閲覧者数が多いだけでなく、社会的信用力も高いため商品・サービスの認知促進に効果的です。 これだけ商品やサービスが溢れている現在では、認知がないものはやはり(信用が無いため)購入されにくいのは事実です。さらに先ほども説明したように、リスティング広告の競争は激化しており、かつ、検索数自体が伸び悩んでいるため、リスティングだけでは顧客獲得はなかなか難しい状況といえます。 単純な費用対効果(いくらの費用で顧客を獲得できたか)や安定性で考えれば、検索連動型広告に勝てる広告商品は無いと思われます。しかしそれは、あくまでもニーズが顕在化している人をゴール(自社の申し込み画面)へ迷わず誘導させるための標識であり、新しいニーズを生みだす手段にはならないことを忘れてはいけません。 「検索はしていないが、ニーズがあると思われるユーザー」(=潜在層)が、 多く閲覧している、長く滞在しているメディアを選定して広告を掲載することは、特に新規顧客獲得のためには有効な手法といえるでしょう。 もっと長期的にみれば、一旦ユーザー相手に認知をとり、そのユーザーにニーズが発生したときに商品・サービス名を思い出してもらう(そして、検索してもらう)、というための広告手法となります。

アフィリエイト広告

提携先となるWebサイトに自社の商品やサービスをPRしてもらい、購入や申込などの「目的とする成果(コンバージョン)」があった場合のみ、その件数や金額に応じて費用が発生する広告手法です。 運用型広告が広告がクリックされた回数、枠売り広告が広告が表示される回数に応じて費用が発生するのに対し、いわゆる成果報酬としてのみ広告費用が発生するという手法になります。成果発生の条件指定や報酬金額も広告主側で決定できるのも大きな魅力です。 ただし、出稿形式によっては月額固定費や初期設定費用がかかってくるため純粋な成果報酬型にならない場合が多く、予算を計上する際はあらかじめ注意が必要です。 出稿については「ASP」(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)という広告提供サイトに出稿するのが一般的です。提供する広告素材は自由に制作できます。 小規模ショップから大手の有名ショップまで、幅広く利用されており、個別の条件設定次第では、高い費用対効果や安定した集客を期待できます。 その反面、広告素材の掲載方法などは各Webサイトの運営者に任せることになるため、ブランドを重視する企業の中には利用を敬遠するところもあります。 あわせて、ランニングコストとして固定費のほかに、広告管理の手間が発生します。成果の承認作業から不正行為の取り締まりまで、他の広告手法に比べ最も運営管理には労力がかかると思われます。

タイアップ広告(記事広告)

インターネットの広告手法としては、一般的に「記事広告」と呼ばれるものを指します。 「第三者視点で商品を紹介したい」「ある程度の説明が必要な商材を広告したい」「ユーザーから信頼を獲得したい」というような場合、バナーなどの表示型の広告よりも、記事として内容がしっかりした“コンテンツ”として提供したほうが、効果的となります。 そして、面白い・興味深い内容であれば、たとえ広告であってもSNSでシェアをされるため、多くのリーチを獲得することができます。 タイアップ先である掲載メディア側の記事として商材・サービスを取り上げてもらいますが、通常の記事と異なるのは、そこに広告料金が発生しているという点になります。 また、記事の見せ方については、掲載先メディアのほうでそれが“広告とわかる”ように配慮することが必要です。(一時期問題となっていた「ステマ(ステルスマーケティング)」は、広告であることを隠して発信力のあるメディア(や個人)が特定のサービス・商品を推奨する記事を書いていたことが原因となります。) 広告が効きづらくなったといわれる現在では、しっかりした内容を提供することで、広告とユーザーとの距離を縮めるための有効な広告手法であるとされています。
ギャラリー
  • sshの置換するときの¥の使い方
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧
  • インターネット広告の料金一覧